黄金色の景色 その3

GWの景色、続けてアップしようと思っていたのに間が空いてしまいました。
連休最後のお天気。近所の瑞泉寺におさんぽ。

a0041650_16102524.jpg

a0041650_1632843.jpg

a0041650_16324036.jpg


2006年5月6日撮影。
[PR]
# by okayau | 2006-05-15 16:33 | 風景

黄金色の景色 その2

鎌倉では、乗車するのに有り得ないくらいの行列を作っていた江ノ電。
藤沢からだとゆったり座って海を眺めることができました。
a0041650_11555741.jpg

a0041650_12372186.jpg

あまりの乗車率のせいかやる気のない車掌。

2006年5月5日撮影。
[PR]
# by okayau | 2006-05-11 12:37 | 風景

黄金色の景色 その1

お天気に恵まれたゴールデンウィーク。
私の見た景色をいくつか。

鎌倉の喧騒を離れてとある温泉地へ。
a0041650_20345880.jpg

a0041650_20354017.jpg

a0041650_20355475.jpg

a0041650_20361198.jpg

a0041650_20362889.jpg

猫と牛の置物が、同じ大きさで配列されてます。
a0041650_20371761.jpg

藤の花。

2006年5月4日撮影。
[PR]
# by okayau | 2006-05-10 20:37 | 風景

上を向いて歩こう

a0041650_984535.jpg


 僕らが、次の言葉を口にするのもしんどく、ひと言ひと言を漏らすように呟くその隙間を、場違いにマーチングバンドの浮かれた音が埋める。
 君が真っ直ぐ前を見つめる先は穏やかな春の景色で、場違いなのはきっと僕らの方なのだろう。

 電車を降りて、ひとりになったとき、昼間の騒々しい音が頭の中に蘇る。

  上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
  思い出す春の日 一人ぼっちの夜

(2006年4月9日撮影)
[PR]
# by okayau | 2006-04-10 09:20 | 小品

卯月嫁入り

a0041650_1750186.jpg

桜の下、父とつないだてのひらを、
a0041650_17501869.jpg

離れて歩く春の嫁ぐ日。

2006年4月7日撮影。
[PR]
# by okayau | 2006-04-07 17:50 | 風景

桜提灯

君が無邪気に話しかけてきたただそれだけのことで
この私の視界の灰色の曇り空に
ぽっとしずかにピンクが点る

a0041650_1738320.jpg


(2006年4月7日撮影)
[PR]
# by okayau | 2006-04-07 17:38 | 小品

お花屋さんごっこ

「きいろいお花、ひとつくださいな」
「どうぞどうぞ。どちらのお花にしましょうか?」
a0041650_15535691.jpg

2006年3月26日撮影。
[PR]
# by okayau | 2006-03-30 15:54 | 風景

花曇り

a0041650_1848346.jpg


君と春を過ごしたことはないのに
この景色を並んで見たことがあるような気がするのは、
去年のこの季節も君を想いながらこうして桜を見上げていたからだろうか。
それともいつか、遠い未来の予感だろうか。

あの日から僕の右手はいつも君につながっているような気がすると言ったら、
君は笑うだろうか。
ちょっと困った顔をして。

(2006年3月27日撮影)
[PR]
# by okayau | 2006-03-27 18:56 | 小品

料金所にて

a0041650_11193680.jpg

 今のこの浮き足立った楽しさが永遠に続くように錯覚して酔いしれられるほどには、私たちは若くはなかった。
 「何を考えてるの?」
 と彼が聞いたのは別に私のことが知りたいからではなく、突然おとずれた沈黙を懸念しているのだと私は知っている。それで私は、少し前から窓に映るようになった自分の顔から視線をずらして、「ちょっと疲れちゃった」と彼に微笑むのだ。
 
 滑らかにブレーキをかけて開いた窓から、さっきまで降っていた雨を感じさせる湿った春の空気がしのび込んでくる。
 FMがこの先に続く道の渋滞を告げている。

(2006年3月18日撮影)
[PR]
# by okayau | 2006-03-21 11:20 | 小品

入日

2006年3月17日撮影。
a0041650_21212437.jpg

[PR]
# by okayau | 2006-03-20 21:21 |